兵庫県養父市(旧八鹿町・関宮町)の古墳


堀畑1号墳 【管理人推薦】

 国道9号線を朝来市から養父市に入った少し先の左側、ラーメン屋の向こうの広い敷地(元兵庫県畜産試験所)内に大きな墳丘が良く見えています。東西42m、南北31m、高さ8.2mの大型円墳で、周囲には幅8m、深さ0.8mの溝が巡り、最下壇のテラスには列石が二段に貼られています。主体部は、但馬有数の大型横穴式石室で、全長11.4m、玄室長5m、幅2.4m、高さ3.4m、羨道長6.4m、幅1.2m、高さ1.7mの両袖式です。背の高い石室ですが、側壁がほとんど垂直に立ち上がっており、巨石を使用した、大薮古墳群の盟主墳に匹敵する石室です。

古墳の現状

羨道

 

玄室奥壁

 

玄室奥から外

観音塚古墳

 養父市東上野、谷間地峠西の小高い所に築かれた27m×23mの楕円形墳で、主体部はかなり破壊されていましたが、全長5.4m、幅1.2mの横口式石室と考えられています。調査前は原型を留めない状態でしたが、現在は地元の人々により、美しく復元保存されています。

 

舞狂若宮1号墳

 市史跡。養父市八鹿町舞狂381、大薮古墳群の西1km、円山川にかかる舞狂橋東交差点から県道104号線を南に400m行くと、車の修理屋があり、そこから山沿いの小道を50mほど戻ると右側に小さな畑があり、その手前にあります。薮に覆われていますが、径20mほどの円墳と思われます。横穴式石室が開口していますが、羨道が半ば以上埋まっていて、開口部が非常に狭いです。狭くて長くて石だらけの羨道を必死の思いで匍匐前進すると、巨大な玄室があなたをお待ちしています。全長9.58m、玄室長4.14m、幅2.45m、高さ2.64m、羨道長5.44m、幅1.57m、高さ1.74mの両袖式で、近くの大薮古墳群にも匹敵する大型石室です。しかし、落書きが多いこと・・・。

石室開口部、せ、狭い!

羨道、狭い、長い、石だらけの三重苦

玄室奥壁

玄室奧から

箕谷古墳群 【管理人推薦】

 県指定史跡。養父市八鹿町のつるぎが丘公園北側に整備保存されています。4基の横穴式石室墳からなり、2号墳は径14mの円墳で、全長8.6m、幅1.2m、高さ1.7mの横穴式石室が開口。戊申年銘文入り大刀が出土して有名になりました。石室内は埋葬当時の姿が復元されています。3号墳は径13mの円墳で全長9.2m、幅1.2mの横穴式石室が開口していますが、現在は埋められています。

1、4号墳か?

おそらく3号墳

2号墳

2号墳石室奥壁

2号墳の埋葬状態

真上から見たところ

国木とが山古墳群

 県史跡。養父市八鹿町国木、八鹿農業高校東側の丘陵上にある前方後円墳1、円墳18基からなる古墳群です。山頂にある上山古墳は全長42.5mの市内では唯一の前方後円墳で、葺石が見られます。五世紀頃の築造と思われます。他はすべて円墳ですが、古墳群全体が良く保存されています。

  上山古墳

米里古墳群

 養父市八鹿町米里601、国道9号線と県道4号線の交差点から南へ1kmほどの山の中腹にある大徳霊園内に保存されています。9基からなり、7、8号墳は墓地造成で消滅しました。駐車場に説明板があり、その背後に1〜5号墳が密集しています。1、2、4号墳は小円墳で、石材が散乱する程度。5号墳は、石室の内部がほとんど埋まっています。3号墳は、径16mの最大の円墳で、横穴式石室が唯一完存しています。全長11.5m、玄室長5.1m、幅1.65m、高さ1.8m、羨道長6.4m、幅1.2m、高さ1.4mの細長い右片袖式で、羨道がかなり埋まっていて、玄室も側壁が大きく傾いています。古墳の周囲に六世紀後半の須恵器窯跡があり、須恵器の生産に関わった一族の首長墓と考えられています。9号墳は霊園への登り道の途中にあり、道路に削られて石室が露出しています。

 

説明板の裏が5号墳

5号墳石室、内部は埋没

3号墳玄室奥壁

3号墳玄室奥から

4号墳

9号墳

米里三ツ尾古墳群

 養父市八鹿町米里、米里古墳群の谷間をはさんだ西隣りにあり、現在古墳公園として整備中です。元は米里10〜13号墳とされていましたが、分布調査で、新たな古墳が見つかり、米里三ツ尾古墳群8基として分離されました。いずれも小型の横穴式石室を主体部とする小規模な円墳です。池のほとりにある1号墳は、横穴式石室の基底部が残っています。2、5号墳は、墳丘に石材が散乱、3、6号墳は石室の形をかろうじて感じさせます。4号墳は、最大の墳丘、石室を持ち、外護列石が巡ります。石室は半壊して露出していますが、全長6mくらいで、天井石も一部残っています。7、8号墳は、かろうじて古墳か?と思える程度の小マウンドです。

 詳細はこちら→ http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/0001083334.shtml

1号墳

2号墳

3号墳

4号墳

5号墳

6号墳

山際古墳

 養父市八鹿町高柳、米里古墳群のある大徳霊園への登り道の少し西の山際にありました。北近畿豊岡自動車道の八鹿インターチェンジの予定地となったため、2007年度に調査されました。径14mの墳丘の周囲に幅4mの周濠が巡る円墳で、横穴式石室は状態が良くありませんでしたが、全長8m、幅1.7mの規模で、床面には礫が敷き詰められていました。残念ながら、調査後、すでに消滅しています。

調査中の山際古墳、天井石は既に外されていました

奥壁(右側)付近


寺地古墳

 旧関宮町大谷の大谷小学校裏にあり、砂防工事の事前調査で発見されました。斜面を造成して築かれた径11mの円墳で、土砂に埋もれて横穴式石室の基底部が残っていました。全長6m、幅1.65mの無袖式で、床には小石を敷き詰めています。出土した須恵器から六世紀後半の築造と見られます。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system