滋賀県東近江市(旧八日市市東部)の古墳


池田古墳

 八日市市池田町の水田の中にあります。1辺23mの方墳で、横穴式石室は羨道長6.8m、幅1m、玄室長3.85m、幅1.7mで、丸い川原石を積み上げています。

墳丘の保存状態は良好

石室開口部

玄室奥壁

羨道、奥から外

古保志塚古墳群

 八日市市市辺の若宮神社そばの県道沿いに二基の古墳が並んでいます。東側は径15m、西側は径6.5mの円墳で、ともに横穴式石室を主体部とし、石材が一部露出しています。現在は磐坂市辺押磐皇子、帳内佐伯部売輪の墓として、宮内庁が管理しています。

東古墳、墳頂に石材が露出

西古墳

熊の森古墳

 八日市市妙法寺町にある前方後円墳です。市邊忍歯別命山陵の石碑が立てられています。近くにある八咫の森古墳は八咫神社境内と思われますが、古墳の痕跡はまったくありません。北500mのところにある綾ノ森古墳は横穴式石室の石材が露出しており、社として祭られています。

熊の森古墳

八咫の森古墳?

綾ノ森古墳

布施古墳群

 布施町に分布する6基からなる古墳群です。近江鉄道大学前駅西の布施神社境内にある1号墳(布施社南古墳)は径17m、高さ4.5mの円墳で、南側の道路に、一部削られているようです。横穴式石室が南の道路に向かって開口。ただし、羨道がほとんど埋まっていて、大人では、中に入るのは困難です。

1号墳、南側の道路沿いにある

1号墳、石室開口部

1号墳、ほとんど埋まっている羨道

 1号墳の西800m、布施ため池の西側の道を南へ進むと、正面の山林の前に石仏があり、そのすぐ裏に3号墳(玉緒山1号墳)があります。径10mの円墳の墳丘の中央に大きな盗掘坑があり、持ち送りのある幅1.9mの横穴式石室の側壁がわずかに残っています。石仏は石室の石材を転用していると思われます。山林内を進むと、すぐ右側に4号墳(玉緒山2号墳)があります。丘尾切断された径9mの円墳で、横穴式石室が残っています。羨道は崩れていますが、玄室は完存。玄室長3.3m、幅1.75m、袖部は埋まって不明です。小型の石材を丁寧に積み上げています。

3号墳、石材を転用されたと伝えられる石仏

3号墳、石室側壁

4号墳

4号墳石室開口部

4号墳石室玄室奥壁

4号墳石室奧から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system