滋賀県近江町・定納1号墳

4世紀の前方後方墳と判明


●滋賀県近江町新庄・日光寺 定納1号墳

●2004年9月18日 現地説明会/近江町教育委員会、大手前大学史学研究所オープン・リサーチ・センター

 昨年度の5号墳に続き、1号墳を調査。尾根筋に沿って築かれた全長22mの前方後方墳であることが判明しました。地山を整形した上に盛り土で墳丘を形作っており、前方部の端には、土橋があり、墓道と見られます。主体部は全長4mのくり抜き式木棺を墓坑に納めており、棺の中央付近から筒型銅製品が出土しました。

前方部より後円部、右手前に土橋がある

墓坑、右手前が筒型銅製品出土位置

左手前から2、3、4、5号墳

筒型銅製品


ホームに戻る

inserted by FC2 system